ボディジェット法


ボディジェット法」と呼ばれる脂肪吸引では、カニューレの先から脂肪溶解液のジェット水流を噴射させて脂肪細胞にあて、水流の力で脂肪細胞を分離して吸引しやすい状態にしてから脂肪吸引します。従来は脂肪吸引のムラが生じて凸凹になってしまうことがありました。しかしこのボディジェット法では、ジェット水流が脂肪の層を柔らかくしてから、少ない吸引圧で脂肪を均一に吸引することが可能になったのです。また、ジェット水流の力で予め脂肪細胞を分離するため、周辺組織への負担を軽くします。さらにこの水流の中には麻酔薬や止血薬が含まれているため、施術中の痛み、内出血による腫れ、むくみが少なくなり、ダウンタイムも短くすることができるのです。

医師の経験このように、ボディジェット法は脂肪吸引のなかでも体へのリスクが比較的少ない脂肪吸引方法とも言えます。しかしやはり、担当医師の技術によっては表面が凸凹になってしまったり、吸引した部分が拘縮してしまうこともあったりします。さらにこのボディジェット法ではジェット水流を噴射させる際に大量の水を使うため、除去した部分に残る水分も多くなります。脂肪を除去しただけ残る水分も多くなるので、そのせいでひどくむくむケースがあります。

近年評価の高いボディジェット法ですが、多少のリスクもあるので、どこの美容外科で誰に担当してもらうのか、医師の経験や病院の症例を参考にしっかり吟味してください

 

NEXT→自分に適した脂肪吸引