自分に適した脂肪吸引


超音波脂肪吸引超音波脂肪吸引では、「ベイザー波」と呼ばれる超音波で皮下脂肪を液体状に溶かし、脂肪を吸引しやすくします。吸引する脂肪を液体状に溶かすことで、周辺組織へのダメージを抑えられます。そのため出血も少なく、ダウンタイムも短縮できるのです。さらに、手術時間が短かったり、術後に皮膚がたるみにくかったりというメリットもあります。超音波脂肪吸引は、施術が不可能な体の部位はあまりありません。そのため利用する人も多い脂肪吸引方法です。

CrissCross法では、脂肪吸引する箇所の目立たないところを何か所か切開し、そこからカニューレを挿入します。通常、脂肪吸引する際に切開するのは1か所です。しかし、1か所だとどうしても吸引しきれない脂肪が残ってしまうのです。そこで、切開する箇所を増やすことによってより多くの脂肪を吸引することが可能になり、表面の凸凹を減らすことも可能になりました。デメリットとしては、腹部の脂肪吸引には適していないという見解があることです。

このように、脂肪吸引にはさまざまな施術の種類が存在します。脂肪吸引したい部位や、患者さんの体質によっても受けるべき施術は違ってきます。どの方法が自分に合っているのか、医師の先生とよく相談してから自分に最適のものを選んでください。これから脂肪吸引をしたいと考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

参考:大阪 脂肪吸引の施術対応クリニック